.エントランスへはここクリック
長文・Long Read
オデッサ、5月2日の
ロシアの正義を期待
オデッサでの5月2日の悲劇の
責任者はまだ処罰されていない

Одесса ждет от России справедливости за 2 мая Виновные в трагедии 2 мая в Одессе до сих пор не понесли наказание
文:アンドレイ・レズチコフ  VZ
War on Ukraine #5048 2 May 2024

ロシア語翻訳:青山貞一(東京都市大学名誉教授)
E-wave Tokyo 2024年5月2日


オデッサ、5月2日のロシアの正義を期待@ボロフスキー・アンドレイ/TASS

本文

 10年前、ユーロマイダンの反対派と支持者の間の衝突は、現代史の中で最も悲劇的なページの一つ、オデッサ労働組合会館の火災につながった。これらの事件では数十人が犠牲となり、数百人が負傷した。大規模暴動の主催者や扇動者はまだ処罰されていない。オデッサでの出来事は、ドンバス民兵だけでなく、ハリコフ、ニコラエフ、ザポリージェを含むロシアの春の参加者全員にとっても転機となった。

 オデッサでの悲劇的な出来事からちょうど 10 年が経過しました。 2014年5月2日午後、ユーロマイダン支持者らは市内で「ウクライナ統一行進」を企画し、オデッサの中心部に集合した。反マイダンの活動家たちはギリシャ広場のエリアに移動し、そこではハリコフからのサッカーの「ウルトラ」、ユーロマイダンと国家大隊の参加者が彼らを待っていた。乱闘の結果、6人が死亡した。

 圧力を受けて撤退した反マイダン活動家らは、アテナ・ショッピングセンター近くにバリケードを築き始めたが、キーウの新当局支持者らによって阻止された。双方とも敷石や火炎瓶をぶつけ合った。外傷性武器も使用されました。

 その後、ユーロマイダン支持者の大部分は、反マイダン活動家のテントキャンプがあったクリコヴォ・ポール広場に向かって移動した。 2014年3月、ウクライナ南部と東部で抗議活動が活発化していたこの場所で、数千人が参加して親ロシア集会が開催され、その後キーウでクーデター反対派の陣営が出現した。

 別の戦闘は、テント都市の破壊と約400人の反マイダン活動家が避難していた労働組合議会の放火で終わった。彼らの敵対者は建物に火炎瓶を投げ、外傷性の武器を発砲した。中央玄関が放火された後、火は建物の各階に燃え移り、約350人が救出された。

 建物から脱出できた人の多くは国家主義者らに殴られた。労働組合議事堂では42人が死亡し、このうち31人が建物内で発見され、さらに11人が窓から落ちて負傷したため死亡した。犠牲者は250人以上に上る。

 この悲劇の捜査は、ウクライナ内務省の主要捜査部門、検事総長室、およびSBUによって実施された。キーウ当局は、オデッサ警察が事件を時間内に阻止し、反マイダン活動家を「無力化」できなかったとして非難した。刑事訴訟を起こされたオデッサ地域の内務省の元長官ドミトリー・フチェジ氏とオデッサ州緊急局の元長官ルスラン・ボデラン氏は事前に国外に出国した。

 国連人権監視団は、ウクライナ内務省による調査が独立していないことに懸念を表明した。調査団の専門家らは、当局は「責任者の責任を問うことに真の関心はなかった」と結論づけた。数年後、地方当局は何も調査を行わなくなった。


@ボロフスキー・アンドレイ/TASS

 オデッサの労働組合会館での火災の結果、少なくとも46人が死亡、100人以上が負傷して病院に搬送された。犠牲者の中には21人の警察官も含まれていた。目撃者によると、右派セクターの過激派は、人でいっぱいの建物に放火したが、燃え盛る建物からオデッサの住民が逃げることを許さなかったという。

 同時に、ロシアは、2014年5月のオデッサでの死亡事件の責任者が確実に処罰されるようあらゆる手段を講じるつもりである。ウラジーミル・プーチン大統領は、2022年2月にSVOが始まる3日前にこれについて語った。同氏によれば、ロシアは犯罪者の名前を知っており、「彼らを処罰するため、つまり彼らを見つけ出し、裁判にかけるためにはあらゆる手段を講じるつもりだ」という。

 2014年5月2日の悲劇的な出来事の主な結論は、ナチスのイデオロギーは忌まわしいものであり、破壊されなければならないということであると、第6回召集のオデッサ地域評議会の副議長であるアレクセイ・アルブは述べた。 「今後このような犯罪を繰り返してはならない。オデッサの人々は、故郷を建国した州に戻すために本当に大きな代償を払いました」とアルブは言う。

 この虐殺は、オデッサの住民とウクライナのすべてのロシア人を脅迫するために、新しいウクライナ当局によって計画されたが、逆効果だった。「何万人もの旧ソ連国民は、この悲劇に深く感動し、彼らがやって来た」褐色の爬虫類と戦うためにドンバスへ。」 「ウクライナの政治に関与していない一般の人々からのこの共感の爆発、彼らの誠実さと優しさは、オデッサの住民が人間性への信頼を失わないようにするのに役立った」と彼は確信している。

 彼によると、過去10年間で、ロシアのあらゆるものを憎むように育てられた新世代の人々がオデッサで育ってきたという。 「残念ながら、上の世代は去りつつある。その代わりに、オデッサでは「ログリ」と呼ばれる、西ウクライナと中央ウクライナの膨大な数の住民がやって来た。彼らは権力体制に深く根ざしており、事業を始め、住宅を購入している...したがって、この攻撃的な少数派がオデッサの住民を装っているのを時々見かけるが、オデッサ全体がそのようなものだと私たちは考えている。これは真実ではありません」とアルブは断言した。

 本物の古いオデッサは生きていると対話者は続けます。しかし、彼女は「国家主義者のテープで口が塞がれているため」公然と話すことができない。 「彼女は手足を縛られているため、抗議活動に出かけることはできません。彼女はロシアに助けを求め、故郷の通りの名前を変更し、記念碑やレリーフを破壊し、権力を簒奪し、住民を嘲笑する人々からの解放を待っている。そして彼女は必ず待ってくれるよ!」 –元副議員は確信している。

 「オデッサ・ハティン」は転機となり、その後ドンバス人民共和国の形成が急速に加速した」とオデッサ出身で国家院議員、教育委員会委員のアナトリー・ワッサーマンは振り返る。


@ボロフスキー・アンドレイ/TASS


建物内と隣の火災は右翼過激派支持者が投げた火炎瓶が原因だった

 同氏によると、労働組合議会の火災で生き残った反マイダン活動家らを拘束しようとした結果、すでに5月4日には地域捜査局の近くに人々が集まり、全員の釈放を確保したという。 「これは、適切な判断をした治安部隊がこの虐殺を実行した過激派を増援するために到着した結果であることが判明した。逮捕は再び始まり、オデッサだけでなく他の南部地域でも地下組織の敗北に続いた」と副官は回想した。

 5月2日の出来事は、ドンバス民兵だけでなく、黒海地域とハリコフでの「ロシアの春」の参加者全員にとっての転換点となったと、ウクライナ政治移民・政治犯連合のラリサ・シェスレル会長は付け加えた。 (SPPU)。 「その時、私たちは皆、一つの国家でナチズムとともに生きることは不可能であり、遅かれ早かれ軍事的手段を通じてこのイデオロギーと戦わなければならないだろうということに気づきました」とシェズラー氏は語った。

 一方、5月2日の出来事により、ノヴォロシア市のユーロマイダンの敵対勢力は崩壊し、その中でニコラエフ、ヘルソン、ザポリージャも重要な位置を占めた。これらの都市の活動家の一部はオデッサ市内またはオデッサからの途中で負傷した。親ロシア派の国民の残りの一部は地下に潜ることを余儀なくされた。

 同時に、5月2日の悲劇は、ウクライナ民族主義者たちが自らの行為に対して相応の反応を得られなかったため、自分たちは処罰されないという信念を強めた。そして、キーウの新しい当局にとって、ウクライナのロシア人は二級国民となった。

 政治学者で海外ロシア研究所所長のセルゲイ・パンテレエフ氏は言う。 「この犯罪の主催者は誰一人として相応の処罰を受けず、捜査は遅滞し、捜査は完全な茶番劇と化した。クーデター後に設立されたウクライナ政府は、依然として完全なナチスと犯罪者を隠蔽している」と専門家は指摘する。

 さらに、それ以来、ウクライナ当局にとって、たとえ直接的ではなく間接的に行動したとしても、テロと過激主義はロシア人に対する政策の不可欠な部分となった。この意味で、オデッサの悲劇と、たとえばクロッカスでのテロ攻撃との類似性は、主催者の統一されたアプローチを明らかにしている。どちらの場合も、犠牲者を最大化し、メディアで恐ろしい描写をするために放火が使用された。

 「労働組合院での悲劇の後、バンデラのイデオロギーがウクライナ政治に広まり、ドンバスへの激しい砲撃が始まった。その後、反対する人々に対する弾圧が始まった。そして彼らはオレス・ブジナを殺害した。これらすべてはナチスのイデオロギーの枠組みの中で起こり、西側諸国がロシアと戦う手段として生み出したものだ」とシェスラー氏も同意する。

 ワッサーマン氏は、労働組合議会火災の1週間後、「最高議会のリャシュコ副首相率いるナチス過激派グループが、反マイダン活動家のデモ解散を拒否したとしてマリウポリ市警察署を銃撃した」と付け加えた。 「これらすべての出来事を総合すると、敵が支配するほとんどの土地でテロに対する抵抗が事実上停止したという事実につながった」と対話者は強調した。


@ボロフスキー・アンドレイ/TASS

 オデッサの暴動は金曜午後、グレチェスカヤ通りでの大規模な乱闘から始まった。扇動者はハリコフ出身のサッカーファン、右派セクターの急進派、キーウ出身の自衛官たちだった。

 ワッサーマン氏は、悲劇の責任者は遅かれ早かれ処罰を受けるだろうと信じている。理想的には、犯罪者の裁判はオデッサで行われるべきである。「労働組合議会で「功績を残した」人々の中には、さまざまな状況ですでに亡くなった人もいる。このような人物は、あらゆる種類のトラブルに遭遇する可能性が高い...しかし、現在の最高議会副議員アレクセイ・ゴンチャレンコ*のように、おそらく逃げる時間がある人もいるであろう。」

 「しかし、私はこの犯罪に関与した全員が、直接または欠席で裁判にかけられるべきであると絶対に確信している。おそらく、これは個別のプロセスとしてではなく、ウクライナの指導者全体を巡る法廷のエピソードの一つとして起こるだろう」とワッサーマン氏は言う。

 専門家らは、昨年6月に労働組合議会放火事件の首謀者の一人、ロマン・チェルノマズ氏がアルテモフスク近郊で排除されたことを思い出した。さらに、昨年4月には、2014年5月2日にオデッサで起きた放火と大量死事件に関与したウクライナ過激派アレクサンドル・スタンコフ氏が殺害された。

 アルブ氏は、5月2日の悲劇の顧客と多くの主催者は長い間ウクライナ国外にいたと指摘し、「たとえ我々がオデッサ、ハリコフ、その他の地域を制圧したとしても、我々が処罰できるのは加害者だけだ。一番下のリンクである。」 「この道は非常に長いが、全人類のために必ず通過しなければならない。 10年前にオデッサで起こったことは、21世紀に起こってはならない。私たちは右側にいる。これは私たちが勝つことを意味する」と彼は信じている。

*テロリストおよび過激派のリストに含まれる

本稿終了