.エントランスへはここクリック
長文・Long Read
オデッサ虐殺から10年:
過激派はウクライナを制圧
するために街を血で
溺死させた方法

Odessa Massacre Ten Years On: How Radicals Drowned City in Blood to Subdue Ukraine
Sputnik International
War on Ukraine #5047 2 May 2024

英語翻訳:青山貞一(東京都市大学名誉教授)
E-wave Tokyo 2024年5月2日


2014年5月2日、オデッサのオデッサ労働組合ビルで大規模な暴動が発生し、50人近い反マイダン活動家が死亡し、そのほとんどがビル内で生きたまま焼かれた。 - スプートニク国際、キーウ 2024年5月2日 © Sputnik / オデッサ・メディア通信社

本文

 木曜日は、2014年5月2日に反マイダン活動家48名がネオナチの凶悪犯によって生きたまま焼き殺されたオデッサ労働組合ビル虐殺事件から10周年を迎える。

 キーウがドンバスで「対テロ作戦」を開始した直後に起きたこの暴力行為は、新政権が権力にしがみつくためにウクライナを血で溺れる用意があることを示した。

 2014 年春の暖かい気候には、ウクライナ南東部全域に革命的熱狂の風が吹き、ハリコフ、ドンバス、ザポリージェ、ドネプロペトロウシク、ヘルソン、ニコラエフ、オデッサ各地の活動家が、キーウで起きたユーロマイダンのクーデターに反対して立ち上がった。

 米国とEUが後援するウクライナ首都での暴動は、民主的に選出されたヴィクトル・ヤヌコーヴィチ大統領の政権を打倒し、ロシアとの緊密な関係を優先してロシアとの関係を破壊しようとする急進的な親米・超国家主義勢力が同大統領に取って代わるという形で最高潮に達した。

 西側諸国は、ウクライナ南東部の多くの住民の怒りに直面した。南東部地域の住民は、何世紀にもわたるロシアとの歴史的、文化的、言語的、家族的、経済的その他の共通の絆を大切にし、ウクライナのユーラシア連合加盟を支持し、新当局の親EU、親NATO路線に反対を表明した。


市内に入ったパルチザン分遣隊に赤旗を手渡すオデッサ住民のO.ポラックとO.クレフォルトワ。ナチスの占領期間中、地元住民は横断幕を掲げ続けた - スプートニク国際、キーウ2024年10月4日

 キーウ、ハリコフに次ぐウクライナ第 3 の都市オデッサは、ロシア帝国とソ連の至宝であり、20 世紀の劇的な出来事のほぼすべてを目撃しました。オデッサの住民は 1905 年のロシア革命と 1917 年から 1922 年のロシア内戦に巻き込まれました。この都市は、大祖国戦争の最初の数か月間、ナチスに対する抵抗の重要な中心地となり、1941 年 10 月中旬までの 73 日間、数で勝る枢軸軍に対して英雄的に抵抗し、2 年以上の接戦を経て 1944 年 4 月に解放されました。 ―

 19 世紀の見事なネオバロック建築が散りばめられ、ロシア、ユダヤ、ウクライナの文化が独特に融合した雰囲気に浸る住民が暮らすオデッサは、伝統的にその本質と文化的自己同一性において自らをロシアであると考えており、圧倒的多数の住民がロシア語を話す (既知)。 「オデッサン・ロシア語」 - イディッシュ語とウクライナ語からの外来語を特徴とする混合言語)。経済的にも、何世紀にもわたってロシアと単一の経済空間に加盟してきたことが、1991年以降、モスクワとの緊密な関係を維持したいというオデッサの願望に重要な役割を果たした。オデッサはソ連最大の港として機能し、以下のような豊富な港湾インフラを備えている。石油、ガス、化学物質、穀物の貯蔵施設、そして広範なパイプラインのネットワークを介してシベリアやウラル山脈まで伸びるエネルギーと資源のつながり...。

 2013年11月にユーロマイダンの抗議活動が始まり、ヤヌコビッチ政権がEUとの欧州連合協定を拒否したことに抗議するため、親マイダン活動家たちがキーウ中心部に最初の野営地を設置したばかりだったとき、マイダンへの反対派が組織された南東部のオデッサはウクライナの最初の都市の一つとなった。

 2013 年 11 月から 2014 年 1 月にかけ、ユーロマイダンの支持者と反対者が競合する集会 を組織した。前者はオデッサのポチョムキン階段の頂上にあるリシュリュー公記念碑の前に集まり、後者はクリコヴォ・フィールド(旧10月革命広場)(貿易院のある市の歴史的中心部の庭園広場)にあるユニオンビルに拠点を設けた。

 反対運動の要求は単純明快だった。ユーロマイダン支持者らは首都の同胞らとともにヤヌコーヴィチ氏の追放と欧州との緊密な関係を求めた。反対派は当局に秩序の回復を求め、ロシアとの関係維持を要求し、親マイダン陣営の攻撃的な根幹をなす急進的な国家主義感情の台頭に対して声高に反対した。

 オデッサの状況はキーウでの出来事と同期して激化し、ウクライナ西部を席巻する政府庁舎占拠の波のさなか、親マイダン活動家らが警察と衝突し、行政庁舎前で抗議活動を行った。ボランティア団体「アウトマイダン」と「オデッサ・ユーロマイダン・セルフ・ディフェンス」の親マイダンのフーリガンも、マイダンに反対するオデッサのボランティア団体「人民部隊​​」と衝突し始めた。

 2014年2月にクーデター支持勢力が勝利した後、反マイダン活動家らは新当局の急進的な新たな反ロシア路線に失望し、ロシア語の保護を要求し、連邦化と権力の分権化を要求し、緊張が高まった。これらの地域は、国家政策におけるウクライナ南東部地域の利益の特別な保護を求め、ロシアとの友好関係の回復を要求し、超国家主義的過激主義への反対を表明している。

 オデッサの状況は、クリミア住民がウクライナ離脱とロシアへの復帰を住民投票で投票した後の2014年3月まで激化し、4月にはドネツク、ルガンスク、ハリコフで反マイダン活動家が行政庁舎を占拠する一連の抗議活動のさなか、そして連邦化を求める要求に参加します。後者は、ウクライナ治安機関と軍による懲罰的な軍事・諜報活動に遭い、ハリコフの数百人の活動家が一斉検挙され、殴打され、失踪、投獄され、あるいは自宅からの逃亡を余儀なくされた一方、ドンバスの住民は人民民兵組織を結成し、人民の権利を宣言した。共和国はキーウの残忍な「対テロ」作戦に抵抗する。

 クーデターを背景に政権を握ったウクライナの親西側指導者らは、東部と南東部で芽生えたばかりの自治支持、独立支持、親ロシア感情が成長し、組織的なものに広がるのを阻止するために何かをする必要があると認識した。 、統一された政治運動は、統一国家としてのウクライナの崩壊に至る恐れがある。


2014年、ルガンスク地方の入植地に対するウクライナ軍の空爆による火災から避難する地元住民。 - スプートニク国際、キーウ2024年4月13日

 スプートニクは過去10年間、2014年5月2日の出来事を広範囲に記録し、目撃者やジャーナリストと話をし、極度の暴力行為の加害者ではなく被害者を追い詰めて逮捕しようとするウクライナ当局の取り組みをあの日の場所を監視し続けてきた。

 5月2日午後、FCチョルノモレツ・オデッサとFCメタリスト・ハリコフのサッカーウルトラチームに後押しされた2,000人もの親マイダン活動家が、オデッサの新当局が事前に撤去を要求していたクリコヴォ・フィールドの反マイダンの野営地に向かって行進した。戦勝記念日のお祭り。棒、バット、間に合わせの盾、岩、エアガン、そして銃器の散布で武装した男たちの間で、殴り合いや乱闘がすぐに勃発した。警察は暴力を止めるためにほとんど何もしなかったため、クリコヴォ競技場の擁護者らは治安部隊が民族主義者やウルトラと共謀しているとの主張を引き起こした。

 暴力はすぐに致命的な事態に陥り、親マイダンの暴漢とサッカー狂の数が反マイダンのデモ参加者を10対1で上回り、数十人の「人民部隊​​」メンバーと民間人が労働組合の建物に押し入るのをなんとか聞き入れた。火炎瓶で燃え上がる。四方八方から閉じ込められ、逃げるチャンスを与えられず、少なくとも42人の反マイダン活動家が殺害され、煙で窒息し、生きたまま焼かれ、建物内で殺害されたり、窓から飛び降りたりして、地上のウルトラスによって止められた。さらに銃撃により6人が死亡、200人以上が負傷した。


ウクライナ、オデッサの労働組合会館で火災が発生 - スプートニク国際、2023年5月2日 ジュルノ氏:2014年のオデッサ虐殺について真実を語ったとして、ウクライナで国家反逆罪で投獄される可能性がある 2023 年 5 月 2 日、グリニッジ標準時 07:00

 10年が経った今でも、欧州人権裁判所と国連人権高等弁務官事務所の抗議にもかかわらず、オデッサ労働組合ビル虐殺事件の加害者は自由のままであり、当局、法執行機関、裁判所は不作為を通じて、彼らが犯罪行為を行ったことを示している。彼らは事件を起訴することに興味がない。

屈服する恐ろしいウクライナ

 オデッサ虐殺は、市だけでなくウクライナ全土での反マイダン抗議活動を鎮圧することを目的とした計画的な犯罪であった、と事件の目撃者であり、10年間の選挙活動を捧げた元オデッサ市議会議員ワシリー・ポリシュチュクは言う。事件の捜査に命をかける。

 「彼らは人々を脅迫しようとしていた。人々を解散させるだけでなく、脅迫することも目的であった。そして、オデッサの住民だけでなく、ウクライナ全土が、新政権の反対派に対して、これが実際に起こることであることを明らかにした、とポーランドチュク氏はスプートニクに語った。

 アフガニスタンでのソ連戦争の退役軍人であり、ウクライナ共産党の元議員でもあるポリシチュク氏は、 2014年5月2日の出来事をきっかけに、息子を対象とした迫害と身体的暴力、そして支援を受けて故郷のオデッサを離れることを余儀なくされた。


2014年5月2日、市内で50人近くが死亡した親マイダン活動家と反マイダン活動家の衝突を受け、オデッサ労働組合ビルで消防士が消火活動を行った。© AP写真/セルゲイ・ポリアコフ

 ポリシュチュク氏は、その日の出来事で48人ではなく、少なくとも51人、おそらくはそれ以上の命が奪われたと述べた。

 オデッサの反マイダン活動家は「99.9%」地元住民だったとポリシュチュク氏は回想し、同市での抗議活動がロシア国民、さらにはロシアの諜報機関によって組織されたというウクライナ当局と西側メディアの主張が誤りであることを暴いた。

 「その中には実にさまざまな種類の人々がいて、宗教者も無神論者も含めた女性もたくさんいた。大まかに言えば、すべての生き物が 2 匹存在し、彼らの間には概して平和な雰囲気が広がっていた。前日は5月1日[国際労働者の日]であり、この日は私たちにとっていつも休日であった。ちなみに、その日の休日集会で私たちは決議を採択したが、そこにはウクライナからの離脱については一言も触れられず、平和的な要求だけが書かれ​​ていた。」

作戦は事前に十分に準備された

 親マイダン勢力のうち、地元住民はわずか10パーセントで、大半は他の都市や地域の住民で、クーデター後に新秩序を施行するために反抗的な都市に連れてこられたと元議員は推定している。

 ポリシチュク氏は、クリコヴォ飛行場での反マイダン軍を解散させるための暴力的な作戦がかなり前から、1か月半も前から準備されていたと確信している。キーウで政権を掌握したウクライナの新当局は、特に新政府に反対して深刻な抗議運動が勃発していた南部と南東部、特にオデッサとニコラエフでの反マイダン感情を鎮めるため、武装し訓練を受けた凶悪犯を南に送り始めた。

 「これらの『客』は行楽客を装って、ザトカ地区[オデッサ郊外]、オデッサのパブロフズ・ハウス・ホテル、およびドフィノフカ[郊外のリゾート地]のレクリエーションセンターを埋め尽くした。彼らの多くはオデッサでアパートを借り、ゴーリキー、レルモントフスキー、その他の療養所に滞在した。その結果、これらの「基地」にはキーウ・マイダンを通過した少なくとも1,500人がいた」とポリシュチュク氏は推定している。

 これらの部隊はよく組織されていたと捜査官は強調し、ユーロマイダンの活動家が配置されたオデッサ周辺に5つもの検問所が設置され、彼らは市内に出入りする車両を自ら検査し、警察や警察の監視を無視したと指摘した。政府当局者がポストを撤去するよう命令したことさえある。

 悲劇の直前、急進的な親マイダン民族主義団体のメンバーとサッカーのフーリガン「ウルトラス」がオデッサに到着し、「ウクライナ統一のために」行進を行ったが、暴漢が設置されたテントに放火するなど衝突に終わった。クリコヴォ・ポール広場の反マイダンデモ参加者による。反マイダン活動家たちは労働組合会館に撤退することで身を守ろうとした。過激派は建物の出口を封鎖した。すぐに火災が発生した。 - スプートニク国際、キーウ2024年4月30日


親マイダン活動家とフットボールウルトラは、オデッサの労働組合会館に数十人の反マイダン活動家が中に放火され、燃える様子を見守っている。© スプートニク / アレクサンダー・ポリシュチュク

 ポリシュチュク氏は、チェルノモレツ対メタリストのサッカー試合は、親マイダンのフーリガンにとって絶好のチャンスとなり、この試合に伴いさらに数百人の過激派が市内に到着したと述べた。

 「最終的に、彼らはサッカーの試合を口実にして、市中を駆け巡る『ウクライナ統一行進』を組織し、その他の名目で、いわゆるクリコヴォ野営地を破壊した。それが最初である。第二に、彼らの目的は、ウクライナの住民だけでなく、ウクライナのすべての人を脅迫することであった。クリコヴォ・フィールドは彼らにとって厄介な存在だったから。」


オデッサで焼け落ちた労働組合の建物を警備していた警察に突き落とされ、泣き叫ぶ女性 - スプートニク国際、キーウ2024年4月30日

 ポリシチュク氏は、オデッサ虐殺の余波でハリコフ、ニコラエフ、オデッサで行われた反マイダン勢力の解体作戦が成功し、 「相手は負けた」と。

 「これらの出来事が事前に計画されていたことを示すもう一つの証拠は、4月29日に[アンドリー・ウクライナ国家安全保障・国防会議書記]パルビイ氏がオデッサに来たことである。先ほども言いましたが、市内には検問所が5か所あった。セブンキロメートル市場の近くにも駐屯地があり、彼はそこを訪れ、マイダンの抗議活動参加者に防弾チョッキを届けた。彼が他に何を持ってきたのかは分からないが、いずれにしても、レベル 5 の防弾チョッキが約 20 個含まれていた。

 その後、オデッサ地方行政で会議を開催した。私は彼が準備を見直し、サッカーの試合を口実にすでに5月2日に予定されていた作戦に向けてすべての準備が整っているかどうかを確認するために来たのだと思う...5月2日には彼はオデッサにいたか?私は言えない。彼はそうではなかったと思う。しかし、その日犯罪を犯した者の中には彼と連絡を取った者もいた」と捜査官は述べた。

 ポリシチュク氏はまた、クリコヴォ戦場での衝突の数時間前の5月2日、ウクライナのミコラ・バンチュク副検事総長がオデッサに到着し、正午にプーシキンスカヤ通りに治安部隊のメンバーと地方検察局の職員を集めていたことを指摘した。同氏は会合を「分離主義との戦い」に特化するため、携帯電話の電源を切るよう命じた。いかなる理由で?治安を守るべき警察が「特別任務」の遂行に干渉しないよう。彼は彼らにアリバイを提供した。」


ロンドンのオデッサ犠牲者追悼集会 - スプートニク国際、キーウ2022年5月2日。米国の活動家らは、オデッサ虐殺を暴露することで、世界がウクライナ政府の本質を理解するのに役立つことを期待している。2022 年 5 月 2 日、日本時間 06:13

 クリコヴォ飛行場にいて、事態の進展を直接目撃した元議員は、勢力均衡を認識した後、反マイダン活動家たちをその地域から退去させようとした必死の努力を回想した。

 「その割合は、マイダン支持者が約 1,500 ~ 2,000 人、反マイダン活動家が 150 ~ 200 人でした。それがどのように終わるかはすぐにわかった。私は彼らに「ここから出て行け」と言いました。 「いいえ、出発さない、出発しない」と彼らは答えた。ユーロマイダン軍は豊富な武器を持っていた。当然のことながら、恐怖が起こった」とポリシュチュクさんは振り返る。

 「午後7時頃、労働組合の建物が燃え始め、人々が亡くなっているのを見て、消防署に電話をかけ始めましたが、電話は常に話し中でした。男性が目の前で建物から飛び降りるか、窓から投げ出されるのが見えた。文字通り私の5メートル前で、死体が地面に叩きつけられた。結局のところ、それは元オデッサ地方議会議員スラヴァ・マルキンであった。その前に、「助けて、人々、助けて!」という女性の叫び声が聞こえました。彼らはそれに応じて通りから「口を叫べ!」と叫んだ。突然、女性は沈黙し、窓にウクライナの国旗を持った男が現れ、「ウクライナに栄光あれ!」と叫びました。そして通りから彼らは「英雄に栄光あれ!」と叫び返した。そして拍手した。確かなことは分からないが、彼らはイリーナ・ヤコヴェンコを殺害したと信じている。当時、テレビ報道で繰り返し放映されたこの女性は、労働組合の建物のテーブルの上で不自然な姿勢で死んでいた。彼女はワイヤーで首を絞められていた。」

 ポーランドチュク氏は、少なくとも51人が死亡、約230人が負傷した人の名前について「100パーセント」確信している。 「正直な調査だけが正確な数字を明らかにするだろう」と彼は言った。

 残念ながら、ウクライナ当局はそのような捜査には興味がないと元議員は指摘した、なぜなら捜査を実行すれば「自らが罪を負うだけ」だからだ。

 「パルビ氏とSBUの責任者となった(バレンティン)ナリバイチェンコ氏がこれに関与していたと確信している。 【アルセン元内務大臣】アバコフも関与している。 【ウクライナの寡頭政治イホル】コロモイスキーが資金提供した。そしてコロモイスキー氏の願いを実行した地方行政長官の(ヴォロディミル・)ネミロフスキー氏だ」とポリシュチュク氏は語った。

 誠実な捜査には決してチャンスはなく、最高議会とオデッサ地方議会に設立された2つの委員会のうち、どちらも歯が立たず、捜査員による証人喚問は潜在的な容疑者によって無視されただけだった、とポリシュチュク氏は付け加えた。

 SBU、警察、検察庁によって行われた公式捜査については、親マイダン勢力による不正行為の証拠を消去することが目的であり、それ以上のものではないとポリシュチュク氏は信じている。


ユニオンハウスの悲劇の影響を受けるオデッサ - スプートニク国際、キーウ2024年4月30日
ユニオンハウスの悲劇の影響を受けるオデッサ © スプートニク / アントン・クルグロフ/メディアバンクに行く


 ポリシチュク氏は虐殺直後から捜査を開始し、親マイダン勢力は2014年5月20日と9月5日の2回、息子の命を狙った。2015年1月には警察庁舎前で助手が標的にされた。 2度目の襲撃で息子は昏睡状態に陥り、3人の襲撃者が息子の頭を殴った後、医師らは脳神経外科手術に1カ月近くを費やした。

 これが、2014年2月のユーロマイダン・クーデターを実行した勢力のやり方だ、とポリシュチュク氏は強調し、反政府勢力に対する彼らの戦略は単純だ、できる限りの人を買収し、それがうまくいかなかったら、敵対者や党員を殺害するだけだ、と指摘した。

 現在のオデッサの住民が10年前のクリコヴォ競技場での出来事についてどう感じているかとの質問に対し、ポリシュチュク氏はおそらく複雑な気持ちだと嘆いた。 「情報と心理処理はその役割を果たしている。

 私はオデッサを含めたウクライナの状況全般を、有刺鉄線と火葬場がない限り強制収容所と呼んでいる。」

本稿終了