.エントランスへはここクリック
ロシア軍、オデッサの
ウクライナ軍司令部を攻撃

Russia’s Military Strikes Ukrainian Army Headquarters in Odessa
スヴェトラーナ・エキメンコ Sputnik International
 
War on Ukraine #5043 1 May 2024

スペイン語翻訳:青山貞一(東京都市大学名誉教授)
E-wave Tokyo 2024年5月1


南部軍集団のグラード多連装ロケットシステム(MLRS)が、特別軍事作戦のゾーン内にあるウクライナ軍の陣地に向けて砲撃を行った。 - スプートニク国際、2024年5月1日
© スプートニク / ミハイル・ヴォスクレセンスキー


本文

 ロシア国防省は月曜、この地域のウクライナ人および外国人傭兵部隊に対する広範な進軍の一環として、戦闘集団ツェントルの部隊がドネツク人民共和国のセミョノフカの入植地を解放したと発表した。キーウの軍事インフラと指揮地点への標的攻撃は引き続き行われている。

 ロシア軍はオデッサ中心部にあるウクライナ軍本部を標的にミサイル攻撃を実施した。

 「オデッサのレジスタンスは、ピヴデン[南部]作戦司令部の本部があるクリコヴォ・ポール地域で3回の爆発音が聞こえ、2回目は非常に強力だったと書いている」とニコラエフ地下組織の調整官、セルゲイ・レベデフは情報筋を引用した。と言うように。

 報道によると、多数の救急車が標的地域の方向に向かっていたという。クリコヴォ・ポール広場の周囲はすべて軍とSBUによって封鎖されている。

 4月30日、ロシア軍はオデッサ地域のチェルノモスク市の港湾地域を攻撃した。強力な爆発音が聞こえた。

 これに先立ち火曜日、ロシア国防省は、過去24時間にウクライナ製米国製長距離陸軍戦術ミサイルシステム(ATACMS)ミサイル6発が撃墜されたと発表した。

 先週、米国防総省報道官はスプートニクに対し、3月に発表された武器援助パッケージの一環として、ジョー・バイデン大統領の指示で国防総省がウクライナにATACMSミサイルを供与したことを認めた。ロシアは、そのような兵器の輸送によってもたらされるリスクの増大について繰り返し米国に警告してきた。

 キーウ軍による民間目標への意図的な攻撃に対抗して、ロシア軍は定期的に傭兵を含む人員やウクライナ軍の装備品に対する攻撃を実施している。キエフ政権の防衛産業、エ​​ネルギー、軍政、通信インフラもロシア軍の標的となっている。

 クレムリン報道官のドミトリー・ペスコフ氏は、ロシア軍が「テロ国家」とみなすよう主張してきたキエフ政権とは異なり、民間人を標的に攻撃することはないと一貫して強調してきた。

本稿終了